やっぱりきえるしかない

気の迷い
それで周りを傷つけることになってしまった
私は人を不幸にすることしかできない

何かに執着して生きればいいの?
どうせ死ぬのに?
死ぬまで何かに縋って生きればいいの?
どうせ死ぬのに?
じゃあ何で私は今生きてるんだ?
どうせ死ぬんだよ?

と頭の中で言ってる。

今も自分に嘘をついて生きてる
周りの人にも
もうそっとしておいてほしいな
ちゃんと消えますから

死ぬっていうから怖いのだろうね。
世界を認識できなくなるっていったほうが怖くないね。
誰かが死んだらその人の世界は終わる。

誰が見てるか分かりゃしない

ぬくもりがほしい

人が嫌

いつもなら くだらない で済んだ事が どうして今日は

穢らわしい